事業内容


中小企業の税務顧問、財務戦略、セカンドオピニオンなどのほか、単発のご相談も受けております。

経営者が直面する問題(ヒト・モノ・カネ)は山積みです。
そのため、我々は「お客様の問題を解決する」という目的を最優先に考えて、税理士という専門性にこだわらず事業を展開しています。

1)会計コンサルティング、経営改善

月次決算から導かれる絶対的要素である数字をベースに、今対応すべき経営課題を正確かつ素早く共有します。
過去の成功体験や企業文化、既存の手法にとらわれることなく、ゼロベースで本質にアプローチして、問題解決手段をシンプルかつ慎重に提案します。

 

弊社の月次報告資料の特徴

 ・資金繰りを見える化
・事業効率が良いのか悪いのか分かる  
・金融機関目線での分析、経営管理指標の掲載
・事業計画、前期実績との差異把握
・徹底した財務分析による黒字への改善提案

 

2)財務アドバイザリー、成長サポート

画像
今の時代、会社の成長戦略・安定戦略は財務戦略なしでは維持できません。
しかし、中小企業に財務部を置いてもコストがあわないケースが多く、経理部や社長自身が代行しているのが現状かと思います。

また、数字を見ているという理由で顧問税理士に相談される方もいらっしゃいます。
しかし税理士の専門分野ではないため、適切な答えをもらえないのが一般的かと思います。

弊社は、創業100年企業の財務戦略を支援している経験や金融機関出身者と提携して金融機関目線での月次支援および多数の資金調達、企業再生等の対応をおこなってきた経験から、攻めの財務戦略と守りの財務戦略で、企業の成長と安定をバランスよくサポートします。

 

弊社の財務戦略、成長サポートの特徴

・金融機関対応支援
・会議への役員の派遣、事業計画策定支援・実行支援
・長期戦略を前提とした資金調達、M&A戦略
・財務戦略が盤石でも、人材の成長・安定なしに企業は成り立たない、という人間的な感覚を大切にしています
・攻めの財務戦略と守りの財務戦略で安定成長へ着地させる

 

3)内部管理体制の構築支援

画像
迅速な月次決算は、経営状況を素早く把握するためには不可欠です。
月次決算がスピーディに完成していない会社は、月次決算の早期化支援、予算管理体制の構築から提案します。

また、非効率な管理体制、管理業務は全社の非効率を招きます。
弊社は、内部統制支援で培った業務知識及び多数の経理改善実績から、お客様の実情にあった改善をご提案します。

※必要に応じて経理・管理業務のアウトソースも請け負っております。
(時間とコストのかかる業務を必要な部分だけ請け負います。効率化を追求し、ルーティン業務のフローを改善します。将来的にも、お客様にかかる時間・コストが当初より減った状態でお返しできます。)

 

弊社の管理体制見直し、経理改善業務の特徴

・現状や制度会計にとらわれない改善
・業務負荷、コストバランスを考慮し、ミニマムかつコアに管理・業務を再構築
・経営管理支援(管理体制構築・モニタリング)
・IT、クラウドツールを最大限導入
・業績の見える化、数字感覚のブラッシュアップ
・必要に応じて経理・管理業務のアウトソースも可能

 

4)セカンドオピニオン

画像
現在の税理士に不安は抱えながらも、変えるほどの動機がない。
または記帳代行、決算、税務申告などの作業を安くやってくれているので、それを変えるのももったいない、面倒だ、という方が多くいるのが現状です。

弊社としても、そのようなお客様に対しては、セカンドオピニオンとして、今お付き合いしている税理士と並行しながら、
ご提案・税務判断・財務戦略等をさせて頂いております。

ただし、セカンドオピニオンといっても、通常と違うのは、決算・税務申告作業がないだけで、それ以外の違いはありません。セカンドオピニオンだから何か変わるということはありません。

税理士にもそれぞれ得意領域がありますので、会社側でうまく使い分けるのも1つの考え方だと思います。

『決算、記帳代行、税務申告などの法定作業や税務相談を得意とする税理士』と、『財務戦略や経営改善、資金調達を得意とする弊社』は相性が良く、今セカンドオピニオンをしているのもそのパターンが多いです。

なお、今お付き合いしている税理士さんには知られたくない、という方も多くいらっしゃるので、その点は柔軟に対応可能です。会社にとって一番重要なことは何か、という視点で対応させて頂きます。

 

弊社のセカンドオピニオンの特徴

・通常の顧問契約と違うのは、「作業(決算・税務申告・その他法定手続き)がない」だけ、それ以外はすべて同じ
・「作業や税務相談を得意とする税理士」との相性が良い
・今お付き合いしている税理士に知られずに契約することも可能